末永整骨院ブログ

スマイルハウスでのとある出来事20/05/22

スマイルハウス、四方です!

日々、子ども達と様々なやり取りをしております。

写真は、子どもの学校の宿題や最近取り入れた『ありがとうカード』の一部です!

はさみを使った宿題で、手先を使うのがむずかし難しい中、かなり頑張ってやっていました。

そして日頃の生活の中で、ありがとうやおめでとうといった状況があったときにカードに記入して送っています!

 

さてさてここからが本題ですが、最近感じたことをつらつら綴っていきます!今回文章ばっかりです!

 

とある日

 

「四方さん、(宿題ができたから)これ見て」

 

「いいよ。うわすごいな、かなり綺麗に書けとるやん!」

 

「じゃあ、続きやるからそこで見とってね」

 

とのことで、それから横で座ってとりあえず書いていたプリントを見ていたのですが、少し目を離すと

 

「こらっ!見とって!」

 

と指摘される。本当に見るだけの要望だったようです。

『ただ座って出来上がったプリントを見るだけの指示』やってみると結構苦痛で、横も向けないのはかなり大変なことでした。

普段の先生と生徒のやり取りを彼なりに再現しているだろうなと思ったのですが、ふとこんなことを考えてしまいました。

 

『もしかして、この子達の普段置かれている状況ってこれと似ている?』

 

この子達は、学校やスマイルハウスなど様々な場面で、「あれをしなさい」や「これをしようね」とたくさん声を掛けられているはず。

 

普段から我々も、

声掛けが、どこまで理解できているか

どういった形で伝えると、より正しく伝わるのか

 

など、こちらも日々探りながら彼らと接しています。

発語の遅い子もいるし、発語はあっても言葉の理解が本当の意味では出来ていない子もいます。

 

意味の分からない声掛けをされて、

意味の分からないままやってみて、

違うと指摘されて何故か怒られた。

 

こんな場面が彼らには多いのではないかと思ってはいたのですが、今回のことで少しその気分を体験できた…かな?

また近いうちに、違った気付きを挙げられるといいな!

 

放課後等デイサービス スマイルハウス川添

ご興味のある方は見学等も受け付けております。

スマイルハウスHP↓

http://suenaga-genki.com/smile-house/

お問い合わせ Tel 0836-38-7007

 

インスタグラムもお願いします!
https://www.instagram.com/suenaga.smile/

PAGE TOP